テレワークながの

平成30年度IT活用による
新たな働き方(自営型テレワーク)普及事業

しあわせ信州

テレワークながのについてAbout Telework Nagano

テレワークながの 事業のご紹介Telework Nagano's business introduction

事業概要

長野県の「平成30年度IT活用による新たな働き方(自営型テレワーク)普及事業」受託者として「テレワークながの」はスタートしました。

テレワークという働き方は、十数年前から提唱されている働き方ですが、ここ数年で大きな注目を集めています。
ITネットワークが進化し、通信速度やセキュリティなどが向上したことで、必ずしも会社に出社する必要がなかったり、打ち合わせで実際に会わなくても、業務が遂行できるようになりました。

こうした働き方の広がりにより、これまで子育てや介護などで家から出にくかった方でも、自宅で働ける機会が増えてきており、一方、企業側でも人材不足やコスト削減などのため、テレワーカーを活用していきたいという思いがあります。

この両者を結びつけることを目的として、テレワークながのは活動しています。

テレワークながのでは、主に3つの事業を柱としています。

テレワークながのが目指すもの

テレワークながのが目指すのはズバリ
”個人が『自分スタイルの働き方』=『自分らしい働き方、生き方』を見つける・出会うための機会の創造”
です。

育児・介護などを理由に離職せざるを得なかった方々が自分のライフスタイルに合わせて再び働くことを選択できる、そんな社会の土壌づくりを目指しています。

また自らもテレワークの実践企業として、情報セキュリティ確保やコミュニケーション不足の改善などテレワーク導入時に課題とされていることにも積極的に取り組み、企業の皆様により有用な情報を発信することで少しでもテレワーク活用が普及するよう努めてまいります。

テレワークながのはこの新たな働き方の普及を通じて、多様性のある社会づくりの一端を担えればと考えています。

テレワークながの 3つの活動内容

テレワーカーの育成

「子育てや介護などで外出しづらいけれども働きたい」
「働く曜日や時間を選んで働きたい」
「通勤がむずかしい」
などの状況にある方に対し、テレワーカーという働き方を提案します。
テレワーカーとして働くための知識や技術、個人事業主として必要なノウハウなどを講座を通して学んでいただき、働く場を探すお手伝いをいたします。

企業のテレワーカー活用支援

人材不足や経費削減などの問題を抱える中、テレワーカーの活用ニーズは増加しています。しかしながら、
「導入や運用にどの程度コストがかかるのか」
「遠隔で働くテレワーカーとのコミュニケーションは大丈夫か」
「様々なデータを社外で扱う場合のセキュリティは」
など、様々な懸念があり、活用に踏み切れない企業様がたくさんいらっしゃいます。
こうした状況を踏まえ、テレワーカーの活用事例や、セキュリティ問題への対応、具体的にどのような仕事を任せられるか、などについて、セミナーや企業訪問をしながら、活用支援を行います。

企業とテレワーカーのマッチング

テレワーカーさんと、企業様のニーズをマッチさせ、業務実施に結び付けます。 テレワーカーさんのスキルをホームページ上で公開し、企業様に見ていただくことで、具体的な仕事に結び付けられるよう、マッチングサイトを構築します

企業向けセミナー申込み