テレワークながの

令和元年度
テレワークによる多様な働き方普及事業

しあわせ信州

テレワーカー活用事例Teleworker use cases

株式会社ラーカイラム(東京都品川区)

御社について教えてください

東京に本社があり、エンジニアの派遣を主に行っている会社です。

そこから関連して、ソフトウエアの受託開発も行っておりまして、長野に開発センターを立ち上げました。自動車関連のメーカーさんはじめ、カメラメーカーさん、工作機械メーカーさんなど、様々な企業さんからお仕事をいただいています。

昨年テレワーカーを活用したきっかけはどんなことでしょうか?

昨年、テレワークながのさんのテレワーカーさんにお仕事をお願いしたのは、自動車メーカーさんからいただいた、自動認識に係るAIの学習用の資料作成という仕事になります。「アノテーション業務」というと一般的なのかもしれません。

AIが機械学習をするための、大元のデータの読み込み、という内容になります。AIが正しく理解するために、人間の認識をいろんなパターンで覚えさせていきます。

人間の認識は複雑で、いろんなものを補完しながら認識していくので、色や、形や、状況を、ある特定のパターンとして判断して、正解を作ってあげて、AIに学習させて、AIの精度を上げていくというような流れです。

具体的な仕事の内容はどのような作業でしたか?

パソコンさえあれば、誰にでも出来る仕事です。

私どもの方で用意したシステムにブラウザでアクセスしていただき、表示される動画を判別していただく、という作業です。システムは、在宅でも出来るように独自に開発しました。システムを作るのは少し大変でしたが、ある程度ボリュームのある仕事であれば、その方が効率的です。

テレワーカーさんには仕事を始める前に、1時間ほどスカイプ等でガイダンスさせていただき、仕事をお願いしました。

これまでもテレワーカーを使ったことはありましたか?

今までもこのような仕事があり、今でも継続しています。

これまで、常駐のアルバイトさんにお願いしたことはありましたが、こういった形で、テレワークながのさんに間に入ってもらって、多くのテレワーカーさんに仕事をやっていただいたのは初めてです。

テレワーカーさんはご自宅での仕事ということで、初めは少し不安に思いましたが、ガイダンスもしっかり理解していただきました。テレワーカーさんも、ご自宅で空いた時間に少しずつ進めてもらっていたので、この仕事はテレワーカーさん向きだと実感しました。

テレワークながのさんに仲介に入っていただいたのは、やはり紹介というのが信頼できるということもあります。全く知らない方にお願いするのは、少し不安が残りますが、仲介に入っていただくことで、安心があると感じています。